カレンダーについて

二十四節気とは
二十四節気は、太陰暦を使用していた時代に、季節を表すために考え出されたものです。1年を24等分にし、その区切りに季節感のある名前が付けられています。現在でも季節の節目節目に、これを示す言葉として使われています。

立夏から立秋(8/8頃)の前日までが夏とされています。野山は新緑に彩られ、夏の気配が感じられるようになります。かえるが鳴き始め、竹の子が生え始めます。
陽気がよくなり、草木などの生物が次第に成長して、生い茂るという意味です。西日本では、はしり梅雨(本格的な梅雨に入る前に降る雨)が地面を濡らし始めます。
稲の穂先のように芒(とげのようなもの)のある穀物の種まきをする頃という意味なのですが、現在では種まきの時期は大分早まっています。西日本ではまさに梅雨入の頃ですね。
一年中で一番昼が長い時期ですが、日本の大部分は梅雨前線に覆われているため、あまり実感される事がありません。花しょうぶや紫陽花など雨の似合う花が咲く季節です。
梅雨明けが近く、本格的な暑さが始まる頃です。入道雲があらわれ集中豪雨を降らせます。蓮の花が咲き、蝉の合唱が始まる頃です。
最も暑い頃という意味ですが、実際に最も暑いと感じる時期はもう少し後のことになるかと思います。学校は夏休みに入り、いよいよ夏が来た!と実感できる頃です。